消臭成分

キャットフードを成長に合わせる重要性

年齢と共に、対象年齢に合わせた種類を与えるべき、キャットフード。
大きく分けて、子猫用、成猫用、高齢猫用の三種類に分けられますが…
何故キャットフードは、成長に合わせてあげる種類を変えなければいけないのでしょうか?
成長に合わせてキャットフードを変えなければいけない理由をご説明します。

●キャットフードは、成長に合わせて栄養バランスや配合が異なる!
キャットフードを成長に合わせて与えなければいけない一番の理由は…
キャットフードの配合バランスが、一番の理由としてあげられます。
キャットフードは子猫、成猫、高齢猫、それぞれ“年齢に合わせた配合”をしているものがほとんど!
子猫用のフードは免疫力を高めて体を丈夫にするため高い栄養もフードが多いのですが…
高齢猫用は、筋力量が落ちて肥満になりやすい猫ちゃんが多いため、低カロリーの物が多いのです。
その為、年齢に合わせたフードを与えないと…
栄養不足や、肥満の原因に繋がる可能性が高くなるでしょう。

●固さや粒の大きさが異なることも…
ドライフードの場合、商品によっては、食べやすいようにサイズを変えている物もあります。
成猫用の物は、歯石を取る意味でも、固く、大きめの粒の商品が多いのに対して…
高齢猫用の物は、比較的柔らかめで粒も小さめにしているところもあるようです。
このように、それぞれの年齢の猫ちゃんが食べやすいようにキャットフードを作り変えているのも特徴の一つ。
消化機能も年齢によって異なるため、固さを変えることが非常に大切と言えるでしょう。

キャットフードは、対象年齢に合わせたものを与えましょう
これらの理由から、年齢に合わせたご飯をあげることは非常に大切になると考えられます。
「キャットフードを余らせると勿体ないから、もう少しだけこのご飯をあげよう…」
なんて飼い主さんもいるかもしれませんが、猫ちゃんのためにもそれは極力避けるべきと言えます。
出来るだけキャットフードが余らない様に、量を調整して買うように心がけましょう。