【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

猫の成長とキャットフード

猫の主食ともなるキャットフードを意識している飼い主の方も少なくありません。
しかしどの年齢の猫にも同じキャットフードを与えていては猫の負担にもなります。
猫の成長段階に合わせてキャットフードを選ぶ事が大切です。

猫の成長は大きく分けて0歳~12歳までを成長期、1歳~7歳を成猫期、7歳以上は高齢期と3段階に分けて考えます。
成長段階で必要な栄養も異なる事を覚えておきましょう。
猫の成長は人間の10倍ほどの速さで成長していきます。
そのため使用するエネルギー量は多くキャットフードもそれ併せてエネルギー生成に必要な高タンパク質と骨格等を形成していくカルシウムがバランスよく配合されたキャットフードがおすすめです。

そして凡そ生後半年~1年くらいで次の段階成猫期に入ります。
人間で例えると青年期です。
この頃には猫の身体も出来上がり運動量も増え活発になります。
健康維持を継続していくため、この時期のキャットフードに求められる栄養素はタンパク質、ミネラル、ビタミン等猫に必要なバランスのとれた栄養素を摂取していく事が大切になります。
しかしこの時期は繁殖を防ぐための中性手術を行う猫も多くいます。
この影響により肥満化する特徴があります。
その場合は肥満用のキャットフードに切り替えましょう。

最後に高齢期は運動量や代謝が落ち込み食事も細くなる傾向にあります。
高齢期用のキャットフードには運動量の低下が原因で便秘がちになる猫に配慮し食物繊維が豊富に含まれています。
また、歯も弱くなるため歯に負担をかけない柔らかいキャットフードになります。

トップに戻る