消臭成分

キャットフードと添加物

人間の食事だけではなく、キャットフードにも多く含まれている添加物。

●キャットフードに含まれている添加物はどんなものがあるのか
キャットフードに含まれている添加物には主に、これらがあげられます。

・保存料(酸化防止剤や、防腐剤など)
商品の酸化を防ぎ、賞味期限を長くするために使われる添加物。

・着色料(赤色○号や、カラメル色素など)
商品自体の色を良くし、色が悪い商品も美味しそうに見せます

・香料
商品自体ににおいをつけ、猫ちゃんの食欲をそそります。

また、三大添加物である、
・BHT
・BHA
・エトキシ

これらの添加物も、キャットフードには使われていることが多いでしょう。
また、中には添加物を使用していなくても、使われている材料に農薬などが付いていることがありますので…
どこで販売されている商品なのかも、チェックしておくことをオススメします。

●猫ちゃんが添加物を摂取し続けるとどうなる?
人間と違って、消化器官が小さい猫ちゃん。
大量に摂取してしまうことで、添加物を消化しきれずに、内臓を痛めてしまう子もいます
また、添加物の中には発がん性物質が含まれている物もありますので…
最悪の場合、ガンを発症してしまうこともあるでしょう。

●添加物が含まれているキャットフードのメリット
添加物が含まれているキャットフードの一番のメリットは、やはりそのお値段。
完全無添加のキャットフードに比べると、やはりコストを抑えることが出来るのが魅力と言えるでしょう。
ですが…
万が一添加物が原因で病気を発症した場合は、病院代が発生します。
病気の状態にもよりますが、治療費、入院費、手術代、薬代などなど…
全てを合わせると、高品質のお値段が高めのご飯をあげていた方が安くついたというケースもザラにあります。
病気を予防する意味合いでも、可能であれば添加物が含まれていない商品を選ぶべきと言えるでしょう。
猫ちゃんの毎日の食事。
猫ちゃんの健康のためにも、キャットフードには気を使うように心がけましょう。