【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

キャットフードと「水」

猫ちゃんのご飯の際には、キャットフードと一緒に新鮮なお水を置いておく必要がありますが…
どうして、お水を一緒に置いておかなければいけないのか、疑問に思う方も居るかと思います。
キャットフードとお水を一緒に置いておかなければいけないのは、これらが理由と言われています。

●猫は喉が渇くと食欲減退?!
猫ちゃんの食事の際に水分が必要な理由の一つは“水がないと食欲が減退する”ことがあげられます。
猫ちゃんはご飯を食べている最中に、口の中をリセットする意味合いでお水を飲むのですが…
このリセットが出来ないと、口の中が気持ち悪くなり、食欲が無くなってしまう猫ちゃんは少なくないそうです。
ドライのキャットフードをあげている方は特に注意!
ドライフードは口から水分を奪っていくため、食べるたびに口内がパサパサになり…
酷い場合は、食べた餌が呑み込めずに、喉に張り付いて口を傷つけてしまうようなこともあります。

●水がないと便秘になる恐れも…
猫ちゃんが食事と一緒に水分を取る理由はもう一つ。
それは、“消化を助け、排便を促す”という点があげられます。
猫ちゃんの便は元々、乾燥しやすく便秘になりがち
水分不足になると、すぐに便秘になってしまう子もいるのです。
水分を食事と一緒に摂取することで、便に潤いを与えて、排便を促しています。
便秘を防ぐために、本能的に水を摂取していると考えられるでしょう。

●お水をあげる際の注意事項
キャットフードと一緒にお水をあげる際には、必ず新鮮なお水をあげるように心がけましょう。
お水はすぐに雑菌が入り増殖してしまう恐れがある為、毎日変えてあげて下さい。
またお水をあげる際には水道水で構いませんが…
余り冷たすぎるとお腹を壊してしまう恐れがありますので、常温にしてから与えるように注意しましょう。
また、お水以外の、ジュースや牛乳などは与えてはいけません。
消化不良になってしまい、お腹を壊したり、吐いてしまったりする恐れがあります。

トップに戻る